2014年04月17日

どっかに僕は刺を持っている。 YOSHIKI

どっかに僕は刺を持っている。どんなきれいなメロディでも刺がある。その刺が、その世界中のそういう人たちに、何か悲しみを持っている人たちに刺さるんじゃないかとは思ったりもします。単純にきれいなメロディを提供しているのでもなく、ノリやすいポップを提供しているんじゃなくて、どこかそのメロディの中に刺が入っていて、ね。

【インタビュー】YOSHIKI、青い血と美しきメロディに刺を忍ばせて | YOSHIKI | BARKS音楽ニュース



YOSHIKI CLASSICAL



posted by 浅草太郎 at 08:06| YOSHIKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。